明日から11月で、今年も残り2カ月。

机の横にある、木下優樹奈と佐々木希のカレンダーもラストページ。

年が明けお正月後までゆっくり出来そうにないので、ここで早めに2010年を振り返ってみる。

今年のスタートは岩田屋の夢袋販売で2日から店頭にたった。

初めて全てのプロデュースを手掛けた企画。結果は納得いくものではなく、課題を多く残した。

年が明ける前から取りかかっていた九州エリア拡大も途中だったのですぐにそっちの作業に取り

掛かり4月のリニューアルに向けて休むことなく走り出した。

2月中旬、いよいよHPリニューアルに取り掛からないと間に合わない。

でも自分も案納もそんな技術は無い。頭を抱えていた時、何かに導かれるように新しいスタッフ、

緒方くんが入ってきた。入ってきて連夜徹夜作業。あのときはみんな体ボロボロだったと思う。

なんとか4月にカタログもHPもリニューアル出来、ほっと一息。

久留米・筑後地区から九州全土への拡大に成功した。そこから大型雑貨店との取引が決まり

メディアに取り上げられたりと、色んな所からの引き合いがきた。

でもそんな波も長くは続かず、また仕掛ける側にまわった。広告代理店を中心に色んな所に

足を運んだ。そんな中思ったのは、カタログギフト屋さんとではなく体験屋さんという

スタンスで進めていけば「体験・経験」には無限のビジネスチャンスがあるということ。

どうしたらカタログが売れるのかどんな仕組みを作ればカタログの集荷数を増やせるのか

そればかり考えていて、「体験・経験」の持ち腐れをしていた。

「体験・経験」できるサービスをキャンペーンと旨く絡ませていけば自ずと出荷数は上がる。

キャンペーンに使って欲しいと提案に行く時、カタログを提案するのではなく、カタログの中

からクライアントのターゲットにマッチした体験プランをPick upして、その体験プランを

キャンペーン用にカスタマイズして持っていく。必要とあらばキャンペーン用に新しい体験も

追加していった。そんなこんなであっという間に沖縄県の体験プランも揃い、九州沖縄で

使える体験型カタログギフトが出来上がった。

もう押せ押せムード、転がす場面でバントが得意な選手でもフルスイングするような展開。

そんな時に入ってきたのが新スタッフ、金澤さん。以前まで多くの企業のプロモーションの企画や

コンサルティングもやってきた人。入ってきた次の日にうちの問題点・改善点をデータで提出して

くれた。なんて人だ。そしてなんと映像も作れるんだと。敏腕すぎるぜ。

そんな押せ押せムードも盛り上がる中、明日で11月に入る。

ここから4月に向けての動きがDiscoveryJAPAN.の今後を大きく変える事になる。

年末年始の百貨店との絡み、新幹線開業で新しく出店する店舗との絡み、

DiscoveryJAPAN.法人化、オフィス移転。4月までが激動の5カ月間になる。

押せ押せムードで上昇し続けたい。

追記

明日からtwitterキャンペーンstartします。

詳細は明日のHPで→DiscoveryJAPAN.HP

フライングした案納のBlogで少しわかるかも→SHINSUKE ANNO BLOG

———————————————————————————————————-

以前のBlogはコチラ→常節Blog